家を購入する前にはファイナンシャルプランナーに相談を

注文住宅や建売住宅、マンションなどマイホームの形には色々ありますが、いずれにしろ大きな金額の買い物になることには変わりありません。
失敗すると大変なことになる一生に一度の大きな買い物。購入前には必ず専門家に相談することを強くおすすめします。

 

その中でも今回紹介するのはお金の専門家であるファイナンシャルプランナー。
住宅ローンや資金計画で失敗しないためにも、一度は話を聞いておくと安心です。

 

出典:ハウスメーカーランキング

 

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーはその名の通りお金の専門家。FPと略されることも多いです。
投資信託や株式といった資産運用へのアドバイスはもちろん、日々の家計のやりくりや保険のことなど、身近なお金の相談にものっています。

 

ファイナンシャルプランナーは、銀行や保険会社などの金融機関に所属している人と、個人に対してアドバイスやプランニングを行う独立系の2つに分けられます。

 

金融機関に所属しているファイナンシャルプランナーは、自社の商品に関する説明や、運用のポイントなどについて説明を行うのが主な業務です。基本的にその金融機関で購入するものが決まっている人が今後のことを相談したり、その金融機関の商品の中からどれを選ぶのか考えたりといった狭い選択肢で考える際に助けてくれることが多いです。

 

独立系の場合、得意分野は個人によって様々で、投資や株式運用から、住宅ローンの説明、ライフプランの作成や家計へのアドバイスまで、それぞれが幅広くお金に関する助言を行っています。金融機関所属のファイナンシャルプランナーに相談するときとは違い「今から何をするべきか?」という最初のステップの相談をするのに向いています。

 

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの役割は以下の6分野に分けられます。

 

・年金に関すること
・金融資産運用(貯蓄、投資信託、債権など)
・税金に関すること
・生命保険などのリスク管理について
・不動産に関すること(住宅の売買、住宅ローンなど)
・相続、事業継承に関すること

 

ファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーの資格にはいくつかの種類があります。

 

まず、国家資格である「FP技能士」。
1級から3級まであり、1級が最も難しいものになります。
資格に有効期限はなく、更新はありません。

 

もう一つが民間資格の「AFP」と「CFP」です。
CPFの方がより高度な専門知識が要求される資格で、AFPはFP技能士2級と同等、CFPはFP技能士1級と同等水準であるとされています。
こちらは国家資格とは違い2年間の有効期限があるため、常に最新の知識とトレンドについて学び続ける必要があります。

 

同じファイナンシャルプランナーを名乗っている人でも、資格の取得難易度や最新の知識量は異なります。相談するファイナンシャルプランナーを探す際には、どの資格を持っているかという部分にも注目してみるのも良いでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーにはどんな相談ができる?

住宅を購入する前に相談しておきたいこと

まず気になるのが「いくらまでの住宅ローンなら無理なく返済できるのか?」ということ。

 

これが分からなければ予算も分かりませんし、どんな家を建てられるのかもさっぱり分かりません。

 

また、この部分の見積もりが甘いと後で大幅な計画変更を強いられることになります。土地を探したりハウスメーカーを探したりする前に、ファイナンシャルプランナーへの相談を優先することを強くおすすめします。

 

次に、住宅ローンや金利の選び方についてもぜひ相談しておきましょう。

 

固定金利で長くコツコツ返していくのが良いのか、それとも変動金利で繰り上げ返済を行いながら短期間で返していくのが良いのかはそれぞれの家計の状況によって違います。それぞれで支払う利息の差や、繰り上げ返済でいくら特をするのかなど、細かくシミュレーションしてもらうことも可能です。

 

また、住宅を購入する際には、住宅ローン以外にも色々と出費があります。

 

そうした諸費用や税金、家の維持にかかる費用なども含めたトータルの予算についてもアドバイスがもらえます。

 

その他相談できること

もちろん、住宅に関すること以外にも、様々なお金の相談にものってくれます。

 

例えば、年金はいくらもらえるのか、また老後のためにどのぐらいの費用が必要でどんなふうに貯蓄していくべきかという問題はよくある相談です。

 

保険の見直しもファイナンシャルプランナーのアドバイスが役立ちます。自分にあった保険の選び方はもちろん、そもそもどんな保険商品があるのかといった基本的な部分についても教えてくれます。

 

資産運用に関する疑問もファイナンシャルプランナーの得意分野。貯蓄の方法や運用の仕方、複数の金融商品を運用する際のポイントなど、ごくごく基本的なことから専門的な立場からの助言など、幅広く相談にのってくれます。

 

ファイナンシャルプランナーに相談できないこと

お金についての相談でも、ファイナンシャルプランナーが専門ではない分野もあります。

 

例えば、税金対策についてはファイナンシャルプランナーよりも税理士の方が詳しいです。

 

他にも弁護士が得意としているようなお金の問題もあります。

 

 

ライフプランの作成もファイナンシャルプランナーの重要な仕事

ライフプランというのは、将来の収入や支出をシミュレーションしたものです。教育費や老後の貯蓄などをあらかじめ把握しておけば、無理のない住宅ローンの契約や計画的な貯蓄が行いやすくなります。

 

今は問題なく返済できる住宅ローンでも、子どもの大学進学で支出が増えたり、車の買い替えによって一時的な支出が増えたりなど、ライフステージの変化によって家計の状況はどんどん変わっていきます。

 

今後家計がどのように変化していくのか、素人がシミュレーションするのは非常に難しいです。たくさんの事例をみてきたファイナンシャルプランナーの力を借りましょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するのにかかる費用は?

形態によって金額は様々ですが、目安としては1時間あたり1万円から2万円ほどです。1時間あたりで料金を決めていることもあれば、月額制や年額制の場合もあります。

 

また、ライフプランやキャッシュフローの作成、生命保険の見直し提案など、相談内容に応じて料金を設定している場合もあります。
ファイナンシャルプランナーによって料金の設定には違いがあるため、利用前にきちんと確認しておきましょう。

 

無料で相談できる場合も

基本的にファイナンシャルプランナーへの相談にはお金がかかりますが、無料で相談できる場もあります。

 

金融機関で商品を説明する場合は無料であることが多いですし、他にもサービスの一環としてファイナンシャルプランナーの相談を受け付けているケースがあります。

 

例えばSUUMOでは「SUUMO家とお金の相談」で無料の相談窓口を解説しています。ここでは住宅の購入に直接関わる住宅ローンや資金計画の相談だけでなく、教育費や老後の資金など幅広いジャンルについて相談を受け付けています。

 

相談場所は自宅の他に、カフェやファミリーレストランも指定可能。お金に関する話をするためプライバシーに気をつける必要はありますが、それぞれの事情にあわせた柔軟な対応をしてもらえます。

 

相談の際に準備するもの

ファイナンシャルプランナーに相談する際には、必ず現在の家計の状況が分かるものを持参しましょう。

 

予約の際に直接持ち物を確認しておくのが一番ですが、一般的には家計簿や給与明細、源泉徴収票、加入している生命保険の資料についての資料があると良いです。

 

住宅購入のために相談する場合は上記の資料に加えて、ハウスメーカーなどからもらえる資金プランや住宅ローンの返済例などの資料があれば準備しておきましょう。

 

参考:ファイナンシャルプランナー 無料相談 スーモ

ページの先頭へ戻る